働くことは生きること! 元ヘットハンター監修、【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

ハローワーク活用法。1日セミナーのすすめ。

ハローワーク セミナー

転職を考えているみなさんの中には「長い間、働きづめで頑張ってきたからなのか、一度経験したはずの求職活動なのに、始め方や進め方がイマイチわからない…」と、不安を感じている人も少なからずいるのではないかと思います。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/09/biwawan-2.png
agenasubi

そんな「求職活動の いろは を再確認したい」というみなさまへ。

数あるハローワークサービスの中でも、時間もお金もかけずに求職活動の基本を学べる1日セミナー」を検討してみるのはいかがでしょうか、というご提案です。

ハローワークの1日セミナーとは。

ハローワークが紹介する1日限定の講習会。

1日セミナーを提供するのは、ハローワークだけとは限りません。都道府県労働局だったり、それ以外の公的機関だったり、民間の企業だったり、いくつかのハローワークが共催するケース、労働局と企業が共催するケースなど、さまざまです。

実施する機関・企業も、その内容も、案内方法もバラバラな1日限定の講習会を、ハローワークがまとめて紹介してくれています。

1日セミナーの4つのおすすめポイント。

1日セミナー ハローワーク

1. 無料で受講できる。

ハローワークの求職者向けサービス全体に言えることですが、そのメリットの1つは、無料もしくは格安でサービスを利用できることです。

長期のハロートレーニング(職業訓練)などは有料のこともありますが、1日セミナーは無料で受講可能である場合がほとんどです。

2. 複数のセミナーを受講できる。

ハローワークの求職者向けサービスの1つであるハロートレーニングの場合、 複数のトレーニングを同時にもしくは続けて受講することはできません。

1日セミナーは違います。内容の違うセミナーを期間を空けずに、続けて受けることができます

例えば、今週の月曜日に「ビジネスマナーのセミナー」を受け、来週の水曜日には「面接の仕方を学ぶセミナー」に参加して、面接へのノウハウをしっかり習得する、なんてことも可能なのです。

ハロートレーニングについてはコチラの記事をどうぞ。

Check! ハロートレーニング(公共職業訓練)のすすめhataraq.com

3. 1日だけなので、気軽に受講できる。

転職活動を行う人たちのインタビューを通して、「ビジネスにおける知識や必要なスキルを学んで転職活動に活かそうとしたが、実際受けたら思っていた内容と違い、時間を無駄にしてしまった」という失敗談をよく聞きます。

1日セミナーの場合、万が一にも無駄にするのは「1日」だけです。これでしたら、たとえ受講したセミナーが予想を下回る内容だったとしても、「1日を無駄にしてしまった」ではなく「転職をめざす同士たちと1日同じ空気を共有してモチベーションが上がった」とポジティブに捉えることができるのではないでしょうか。

4. 求職活動の「いろは」をもう一度学べる。

1日セミナーは、特定の職種や業種に必要なスキルを習得するためのものではなく、どちらかというと、就職およびビジネス全体に通用する基本的な教養や知識を身に付けるといった内容を扱う講義が多数派を占めます。

ハローワーク足立のイベント予定表」を参考にしてみると、セミナー内容の傾向が分かりやすいと思います。

Check! ハローワーク足立 イベント予定表 2019 9月東京労働局 ハローワーク足立

「履歴書・職歴書書き方セミナー」や「面接対策セミナー」で、忘れてしまった就職活動のいろはを思い出すのもよし。

「ビジネスマナーセミナー」で、 洗練された自分へ、なお一層の磨きをかけるもよし。

「自己分析セミナー」や「性格検査-Capt-セミナー」で、己を見つめ直し、転職活動のモチベーション維持に活かすもよし。

はるか昔に忘れてしまった就職活動のノウハウをもう一度思い出すキッカケに、はたまた、やりたい仕事を見直し肌で感じて今一度気合を入れる足がかりに、考え方次第では利用価値無限大なハローワークの1日セミナーなのです。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/09/biwawan-2.png
agenasubi

利用の仕方は十人十色。自由な発想で気軽に受講してみてはいかがでしょうか。

1日セミナーの利用方法。

1日セミナー ハローワーク

情報収集には、ハローワークの窓口相談が必須。

1日セミナーの情報をより多く集めようとするなら、インターネットを確認するよりも、ハローワークでの情報取集と窓口での相談をお勧めします。

各ハローワークのWeb上のサイトをチェックしてみると、セミナーについての表示にはバラツキがあり、インターネットからすべての情報を入手するのは難しそうです。

まずは、ハローワークで案内されているセミナーのリストやカレンダーを探し、さらに、棚やケースに並ぶ多くのパンフレットに目を通して、どのような内容のセミナーがあるのか確認します。

その上で、相談窓口で自分の受けてみたいセミナーのイメージを伝えると、より多くの情報をより確実に集めることができます。

選考は「先着順」がほとんど。

年齢制限、雇用保険の有無などの受講資格が存在することはありますが、申し込み時の選考試験・検査などはありません。

先着順で受講者が決まっていくため、定員数に達したら締め切りとなってしまいます。

気に入ったセミナーを見つけた時は、手遅れにならないよう、できるだけ早く窓口で相談してください。

「ハローワークカード」で、求職者向けサービスを利用する。

1日セミナーを含めたハローワークの求職者向けサービスを利用するためには、「ハローワークカード」という書類が必要になります。まずは、この「ハローワークカード」を入手しましょう。

「ハローワークカード」を入手する方法については、「初めてのハローワークで必要なこと」に簡単にまとめました。ぜひ、ご参考ください。

Check! 初めてのハローワークで必要なことhataraq.com

最後に…。

かく言うわたしも、人生で何度かハローワークを利用し、3回ほど1日セミナーを受講したことがあります。誤解を恐れず正直に申し上げますと、セミナーの内容はピンキリです。実際に講師がついて課題の添削やアドバイスをしてくれる充実した講習から、ただひたすらビデオを見るだけという眠気を誘う講習もあります。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/09/biwawan-2.png
agenasubi

そこは「無料ですから」と割り切ってまいりましょう。

自分を磨くための知識と教養を学び、同じ目的を持った人たちと交流することは、新鮮で刺激的な経験になると思います。

転職活動の過程でいろいろな可能性を模索するとき、ぜひハローワークの「1日セミナー」も一考してみてください。

Images: www.freepik.com