働くことは生きること! 元ヘットハンター監修、【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

初めてのハローワークで必要なこと。

転職エージェント 求人サイト リクルーター

次の転職先が決まっていない状態で仕事を退職した場合、まず最初に考えるのは単純に、ハローワークへ行くことだと思います。

一度行ってしまえば便利で使い勝手の良いハローワークですが、初めてのハローワークに際しては、いくつかの下準備とコツが必要になります。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/09/biwawan-2.png
agenasubi

今回は、初めてのハローワークのための下準備とコツをお届けいたします。

初めてのハローワークの利用目的。

失業手当を受給するための雇用保険手続き。

以前の会社で雇用保険に加入していた人は、失業手当を受給するための雇用保険手続きを行い、「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を入手する必要があります。

また、雇用保険に入っていなかった人でも、条件を満たせば失業手当を受給できる可能性があるそうです。雇用保険加入の有無にかかわらず、とにかく相談してみる必要がありそうです。

求職者向けサービスを利用するための求職申込手続き。

ハローワークの求職者向けサービスには、コンピューターによる「求人情報検索」はもちろん、ハローワークや民間施設で行われるバラエティーに富んだ「1日セミナー」、現場に直接行って体感できる「会社説明会&見学会」、同じ職種の企業が集まって行われる大規模な「相談会&面接会」、求職活動を一貫してサポートしてくれる「コンサルティングサービス」、そして、社会的ニーズに答える多種多様な「職業訓練(ハロートレーニング)」などがあります。

これらの求職者向けサービスを利用するためには、求職申込手続きを行い、「ハローワークカード」を入手する必要があります。

初めてのハローワークのために準備すること。

準備するもの

初めてのハローワークでは、雇用保険手続き求職申込手続きを行うための準備として、事前にしておくべきこと持って行くべきものがあります。

事前にしておくべきこと。

「求職申込書」に記入することを、予めメモにまとめておく。

初めてのハローワークでは、求職申込手続きに際し、「求職申込書」の記入を行う必要があります。

この「求職申込書」にどのような条件の求人を探しているかという自分の希望を具体的に記入することで、その情報がハローワークと共有され、今後の求職活動に活かされていくことになります。

求職申込書の記入項目には、希望する仕事(職種・業種)希望就業形態希望収入学歴・訓練等受講歴経験した主な仕事希望勤務時間条件・その他の希望直近の勤務先、などがあります。

自分の求職における希望や理想が正しく伝わるように、 これらの記入項目1つ1つについて、答えを用意してメモにまとめていきます。

実際の「求職申込書」では、いくつかの選択肢から1つを選ぶケースや、文章で手書きするケースなど、記入方法はさまざまです。

例えば「直近の仕事」では「事業者名」「雇用形態」「勤務期間」「退職理由」「退職時の税込み月収」など記入する必要があります。

求職申込書の書き方」から実物を確認しておくのが一番分かりやすい方法です。

Check! 求職申込書の書き方ハローワークインターネットサービス

もちろん、記入した条件に見合った求人しか紹介してもらえないわけではなく、その後、相談窓口で変更してもらうことも可能です。それでも、その場でなんとなく適当に記入するよりは、スムーズに記入できるように事前に準備しておくことをお勧めします。

求職申込書」は、事前にネットから仮登録しておくこともできる。

「求人申込書」の仮登録は、ハローワークインターネットサービスのサイトの「求職申込み手続きのご案内」のページから行うことができます。

同じページには「求職情報仮登録 利用者マニュアル」も載っており、とても細かく説明してくれています。

Check! 求職申込み手続きのご案内ハローワークインターネットサービス

仮登録後に画面にでてくる「仮登録番号」をメモに控えておき、初めてのハローワークの日に担当の職員に渡せば、その場で「求職申込書」を記入する必要がなくなります。

初めてのハローワークで、バタバタしながら記入したくない人は、事前にネットで仮登録をしておいた方が、余裕をもって手続きができるかもしれません。

持って行くべきもの。

雇用保険手続きに必要なもの①~⑦と求職申込手続きに必要なもの⑧がある。

雇用保険手続きに必要なもの

雇用保険被保険者離職票(1と2)

個人番号確認書類」(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーが記載されている住民票、のいずれか1点)

身元(実在)確認書類」(運転免許証、運転経歴証明書、官公庁が発行した身分証明書・資格証明書(写真つき)などのいずれか1点、もしくは、公的医療保険の被保険者証、年金手帳、住民票記載事項証明書、公共料金の領収書などのうち、異なる2点)

本人の印鑑」(認印でOK、スタンプ印はNG)

写真2枚」(最近の写真、正面上半身、タテ3.0cm×ヨコ2.5cm)

本人名義の預金通帳またはキャッシュカード」(インターネットバンクと外資系金融機関はNG、ゆうちょ銀行はOK)

船員であった人は、「船員保険失業保険証」および「船員手帳

求職申込手続きに必要なもの

求職申込書の準備メモ

「求職申込書」に記入する希望求職情報をまとめたメモ。もしくは、ネットで仮登録した場合の「仮登録番号」のメモ。

金融機関に関しては、一部、指定できない場合もあるようです。また、個人番号・身元確認に有効な書類の種類も、その時々で多少変更があるかもしれません。事前に、自分の管轄のハローワークに電話で問い合わせるのがベストです。

持っていったら便利だったもの。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/09/biwawan-1.png
agenasubi

あくまでも個人的な意見ではございますが…。

筆記用具とメモ帳

各種手続きの窓口では、毎日同じ説明を繰り返す職員側と、初めての手続きにワタワタしているこちら側との間で軽い認識のズレが生じます。「大切そう…?」と感じることが、軽く流れるようにサラッと説明されていきます。 そこでは、自分の記憶力にまったく自信がない私の「気になることは、その瞬間にその場でメモしていく」という習慣が、かなり役に立ったと思っています。

時間帯によっては窓口がひどく混雑して長い待ち時間を強いられることもあり、本などを持参しておくと退屈しません。途中で中断してもOKな軽めの短編集などがお勧めです。

初めてのハローワークに行ったら…。

相談窓口 面接

さて、実際にハローワークへ行くと、いろいろな手続きをしなくてはなりません。しかし、ここで細かく説明する必要はないと考えています。なぜなら、後はハローワークに任せてしまえば、万事OKだからです。

準備した書類等を持って総合窓口へ行き、「初めて来たのですけれど…」と話しかければ、あとは担当職員に従うだけです。「右」と言われれば右へ、「左」と言われれば左へ、「待て」と言われればひたすら待ち続ける、傀儡のごとく右往左往していれば、その日のうちに「ハローワークカード」を、1週間後には「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を入手できます。

相談窓口でよく見かけるのは、職員に提出する書類を促され、どこにあるかわからずにアタフタと鞄を広げて探すものの、出てくるのは半年以上たったレシートや映画の半券ばかり…的なシーンです。順番待ちの人たちが並んで座っている前でこれをやらかすのは、かなり恥ずかしい経験です。

「ハローワークカード」「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」、さらに「筆記用具&メモ」「印鑑」などをクリアケースに入れて「Myハロワセット」を作っておくとスマートさを醸し出せるかもしれません。

最後に…。

初めてのハローワークの準備をすることは、自分の転職への願望や展望を見つめなおすきっかけになるかもしれません。

めざす仕事を頭の中で漠然と思い描くだけではなく、その具体的な条件を書き出し、文字として視覚から捉えることにより、より客観的に、より現実的に目標のイメージを作っていく。

すでにしっかりとした計画を立てて転職活動に臨む人も多いと思いますが、退職して少し気が抜けてしまったと感じているなら、「求職申込書」への記入項目をまとめ、必要なものを揃えていく工程は、意識を前に切り替えるためのきっかけになるかもしれません。

あとは、初めてのハローワークを楽しんでいただき、今後の転職活動に活用してもらえれば幸いです。

Images: www.freepik.com