働くことは生きること! 元ヘットハンター監修、【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

国家資格【キャリアコンサルタント】受験します。40代からの資格について思うこと。

 スーパーウソーマン 中高年 やりたいこと 生きる ハタラク

中高年こそその長い職業人生経験を活かせるであろう国家資格、キャリアコンサルタント。本サイト編集長自身も受験することを決めました。

ただし。ただしただし。

一般論:40代50代以降、資格は就職に直結しません。

資格ビジネスの食い物になるな。

資格の取得を目指すスクール・eラーニング・教材の販売。また、資格取得後の登録料や更新料。これらをひっくるめた資格ビジネスというものが存在します。英会話やTOEIC・TOEFLなどの語学系も含みます。

たとえば、女性に人気の医療事務。そこかしこでスクールや通信講座が広告に出ていますが、そもそも医療事務には資格など必要ありません。医療事務講座を受ける必要は最初からないのです。

では、人気のファイナンシャルプランナーはどうでしょう? 金融系の仕事経験があれば別ですが、未経験ならば、合格したからといって独立できるわけではないし、特に就職に有利なわけでもありません。

スクール入学や通信教育を安易に薦めるサイトには要注意です。

中高年が就職・独立に役立てるなら、今までの経験を活かせる資格を取得すべし。

 スーパーウソーマン 中高年 やりたいこと 生きる ハタラク

中高年の資格取得のキモは、その資格が自分のキャリアの延長線上にあるかどうかを見極めること。これに尽きます。

例えば医師や弁護士などの花形資格を取得したとしましょう。

さて、40代50代で初めて医師免許を取得した人を、病院は採用するでしょうか。経験のない医師に診てもらいたいと思う患者が存在するでしょうか。法廷に立ったことのない中年弁護士はどうでしょう? 。。。誰も経験値ゼロの資格取得者を必要としていません。

このことは、どの職種にも当てはまります。未経験の大人が資格を武器に就職・開業するのは至難の技。

固い意志と経済的余裕が十分に備わっているケースなら、未経験チャレンジもアリかもしれません。しかし一般論としては、中高年は今までの経験に紐付いた資格を取得することが鉄則です。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/07/private_sq.png
素canimayo

資格取得を煽ってくる資格ビジネスからひらりひらりと身をかわしながら、自分に合った正しい武装をしようではありませんか。

同業界・近い業界での資格取得は吉です。

すでに経験値のある業界で、可能性を伸ばすための資格取得は中高年にもおおいに有効。

例えば、私は元ヘッドハンター。同じ人材業界ながら真逆の視点で仕事をするキャリアコンサルタントを受験しますが、これは吉です。

同職種・近い職種での資格取得も吉です。

業界ではなく職種・経験値で取捨選択していくのもかしこいやり方。

営業として働いているなら、同じ営業職で別の業界への転職は大いにアリの選択肢。例えば宅建は不動産業界、ファイナンシャルプランナーは保険・金融業界への転職を後押ししてくれる可能性があります。

マネージメント経験があれば、それはどの業界でも活かせる潰しのきく経験値です。

例外:これから伸びる業界 x 人手不足の職種なら、未経験でもアリ。

40代からの未経験チャレンジは危険、ただし例外もあります。

今なら、一番いい例は介護業界。これについては追って掘り下げたいと思います。

あるいはいっそ、学ぶことを楽しむ・学びを生活の中で活かす、など。

就職に結びつく可能性は低いということを大前提に、学ぶことそのものを目的に受験までの過程を楽しむ、という逆説的な方法もあります。

海外旅行を楽しむための語学、趣味と実益を兼ねた食生活充実のための調理師免許、自分の資産を守るためのファイナンシャルプランナー、、、 

私がキャリアコンサルタントの資格に挑戦するのも、資格取得ではなく見識を広めることが目的なので、半分このカテゴリに入るかもしれません。

キャリアコンサルタントという国家資格について、さくっと。

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。

(中略)

「キャリアコンサルタント」とは、キャリアコンサルティングを行う専門家で、企業、需給調整機関(ハローワーク等)、教育機関、若者自立支援機関など幅広い分野で活躍しています。

厚生労働省HP

厚生省HPは「幅広い分野で活躍しています」と謳っていますが、、、残念ながら、そこそこ認知度が高い割には、実際にはまだまだ雇用機会も活躍の場も少ない、というのが現状です。

しかし今後、若者・女性・中高年の労働力を有効に利用する必要が増すにつれ、需要も増えていくでしょう。人生経験の長い中高年こそ適任の、キャリアコンサルタントの未来は暗くない。と、 Hataraq.com は考えます。

本資格については、本サイト編集長の受験に沿って、詳しく紹介していきます。

キャリアコンサルタント受験概要。

 スーパーウソーマン 中高年 やりたいこと 生きる ハタラク

受験資格:なかなか厳しいです。

  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
  2. 3年以上の経験を有する者

①の講習は高額です。「キャリアコンサルタントになろう」と決めた人にしかオススメできない金額。。。

私は②に該当するのでセーフですが、ぜひオススメしたい資格なので、追って良心的な講座をリサーチせねばなるまい。

日程・受験料・更新料等:

  • 日程:年3回。次回申し込み12月からで、試験実施は3月。
  • 学科試験:8,900円
  • 実技試験:29,900円(論述とロールプレイ!)
  • 登録手数料:8,000円(+登録免許税9,000円)
  • 資格の更新:5年ごとに講習受講!(上級資格を取得すれば免除)

私は3月に受験します。

Check! キャリアコンサルタントになりたい方へ厚生労働省
https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/07/private_sq.png
素canimayo

勉強はキライですが、キャリアコンサルティングのノウハウを学びたい! ガンバルゾ。

Images of superwoman: macrovector @Freepik