働くことは生きること! 【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

本日始動、ハタラク.com および 編集人【canimayo】につきまして。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/06/canimayoUpS.png
canimayo

こんにちは、canimayoです。
今日から Hataraq.com をはじめます。

Hataraq.com 編集人、canimayoにつきまして

本サイトについて説明する前に、canimayo自身についてさらっとお話ししようと思います。そうすることで、なぜこのサイトをはじめるに至ったかが、より理解していただきやすくなるはず。

canimayoの表の仕事はヘッドハンター。

canimayo きゃにまよ Hataraq.com ハタラク 大人のハタラクドットコム 働く

canimayoは、2019年06月現在、現役のヘッドハンターです。

リクルーター稼業には様々なやり方がありますが、「ヘッドハンター」というのはその中でもちょっと特殊でして。。。 「転職を考えていない方々にこちらからアプローチして転職させる」、つまり「クライアントのニーズに応えるため」に動きます。

ウチは、クライアントのほとんどが外資系企業。金融・IT・医薬などいくつかの専門領域を持っていて、これらの領域に関しては、「どこそこ企業にいるダレダレにアプローチしてほしい」という具体的なリクエストから、「国内営業チームのトップとなる人材を探してほしい」「コレとアレとソレができて条件がナニナニな人材のチームを作りたい」という依頼まで、もろもろ請けています。 

でも、クライアント寄りのスタイルで仕事をしている限り、本当に仕事を探している人の助けになれなません。

そのことが、少しずつフラストレーションとして私の中で蓄積してきていました。

canimayoの目指す「ハタラク」支援。

大人の転職 仕事 女性 シニア 中高年 30代 40代 50代 60代

仕事が決まった時って、本当に嬉しいものですよね。

やりたかったことを実現できるとか、キャリアアップや収入アップならもちろんのこと、たとえ「今までの過酷な環境や人間関係からの脱出!」というような、ネガティブな転職であったとしても。

私の表の顔はヘッドハンター。しかし、裏の私はそれとは別のやり方で、ほんとうに仕事を探している人をバックアップできないだろうか。。。クライアント側ではなく「仕事を探している人」サイドに立って、表の仕事で得た経験値を活かして転職支援の一助を担うには。。。

という流れで、まずは転職支援サイトを立ち上げるに至った、というわけなのです。

Hataraq.com サイトコンセプト

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/06/canimayoUpS.png
canimayo

サイト立ち上げ1日目の決意表明です。今後路線変更の可能性はありますが、思うまま書きました。

【転職】とは【職を転じること】

会社や職種を変えることだけでなく、会社員からフリーランスに転じることも、お母さんになることも、【転職】であると考えます。

転職推奨!

大人世代は転職に躊躇しがちですが、終身雇用制・年金制度が信用できない今、果敢にどんどん転職することをお勧めしたいです。

ただし、現状と転職した場合との比較は現実的かつ念入りに。ジョブホッパーにはならぬよう。

フリーランスも推奨!

大人だからこそ、先も見えてくる。その中で、フリーランスに転向するという選択肢はおおいにありだと思います。

細く長くずっと仕事を続けて行く生き方、推奨します。個人事業主2.0!

女子応援!

結婚・妊娠・出産によるキャリアギャップを超えて働く女性を応援したい。実は、これがサイト立ち上げの最初のキッカケでした。

シニア応援!

あなたの経験値を世のため人のために活かしてください!

シニア世代の経験値は、ほんとうに価値があります。自分の経験をいい場所でいい感じに利用してもらいつつ、こちらも楽しく生きていこうではありませんか!

転職ノウハウ伝授

転職事例をいろいろと経験してきましたので、転職ノウハウは持っています。なにがしかの参考になれば幸いです。

キャリアアップ準備関係、特に英語は体験含めいろいろとお勧めできそうです。

もちろん得意のエグゼクティブ系支援もやります!

事実に基づかない記事は掲載しません

架空の体験談の掲載や、鋭利目的に終始した転職サイト等の推薦等は、本サイトのコンセプトに反するのでやりません。

https://hataraq.com/wp-content/uploads/2019/06/canimayoUpS.png
canimayo

以上、ちょっとばかり前のめりかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

Images: freepik