働くことは生きること! 【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

ナナメ読み:転職に向いている人 転職してはいけない人 by 黒田真行

転職に向いている人 転職してはいけない人  黒田真行

35歳からの転職を、「しない」選択肢も提示しながら、そーっと後押しする本。

転職に向いている人 転職してはいけない人

著者: 黒田真行
出版社: 日本経済新聞出版社
発行日: 2017/05/16
  • 転職を決断する前に知っておいてほしいこと
  • 転職に向いている人・向いていない人
  • 転職を真剣に考える人のためのガイドマップ
  • 転職先の見つけ方、選び方
  • 転職活動を成功させる方法
  • 転職後に成功する人の共通点

転職関係の本は、転職をすすめたり、エントリーシートや面接のノウハウを解説する本がほとんど。本書の著者は、転職希望者に、実態と本人の市場価値を正直に伝え、むやみにすすめないスタンスで、信頼を得ています。

「前の会社を辞めた理由や恨み辛みを、転職活動に引きずってはならない」「細かい条件にこだわりすぎて選択肢がほとんどなくなる残念な例も多い」「自分のこれまでのキャリアを振り返って、強み弱みを再確認することで、思いもよさなかった業界への転職に成功することも」など、著者の長年の経験にもとづく知見がちりばめられます。


本書のエッセンスは、著者ご本人の手でこちらにまとめられています。

Check! プロが止める!「転職してはいけない人」の3つの特徴 NIKKEI STYLE

書籍の方は少々まとまりがない印象で、同じことが繰り返し書かれたりもします。それでも、上記のコラムを読んでみて、もっと背中を押されたい!と思ったら、本書を手にとってちょい押しされるのもよいかもしれません。

対象年齢層は「35歳から」と、少し若め。

自分は何屋なのか?

自分は何屋なのか? にエッジを立てる

転職に向いている人 転職してはいけない人

という小見出しが、目を引きました。

この本は図書館でナナメ読んだのですが、比較的新しく汚れもなかったこの本の、このページにだけ、インクの汚れがありました。慌ててこすったような跡です。

私と同じように、このフレーズに「おっ」と思わされた誰かが、ついペン先でページを汚してしまい、慌てて拭き取ろうとした図を想像し、ふふふと笑ってしまいました。

自分のキャリアを見直す。自分が何屋なのかを洗い直す。

Hataraq.com が【キャリアの棚卸し+リデザイン】を強く勧める理由です。

転職を勧めているわけではありませんよ。オススメしているのは【キャリアの棚卸し+リデザイン】です(笑

多くの場合、現状維持、ということになるかと思います。でも、自分の職業人生を棚卸してみて、さらにリデザインしてみたその後なら、その選択は積極的な現状維持

先月、私はヘッドハンターを辞めました。その時の選択も、このプロセスを通して生まれたものです。

この先どうなるか、まだ結果は出ていませんが、後悔はまったくありません