働くことは生きること! 【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

ナナメ読み:超高齢社会2.0 – クラウド時代の働き方革命 檜山敦

超高齢社会2.0 - クラウド時代の働き方革命 檜山敦

「高齢者クラウド」。これを聞いただけで、ポジティブな未来が予想できる!

【超高齢社会2.0 – クラウド時代の働き方革命】

著者: 檜山敦
出版社: 平凡社
発行日: 2017/07/14
  • 労働力激減時代の衝撃
  • 外国人労働者は日本を救えるのか?
  • テクノロジーは日本を救えるのか?
  • デジタル労働力との共生
  • 近未来シミュレーション、2030年の日本
  • 新しい時代の到来と私たちの選択

… 現役世代を支える力として、そしてシニア自身の健康維持のために、今後シニアの労働は必要不可欠だ。… その実現のためには、情報通信技術(ICT)をフル活用することが近道である。… ICTが生み出す高齢者の新しい労働スタイル「モザイク型就労」と「高齢者クラウド」の実現で、現役世代とシニアの協働も見えてきた。 …

この本は、私が漠然とイメージしていた【大人のハタラク】を、ちょうど具体的に文字起こししてくれたような一冊でした。

テレワークやラウドソーシングを採用して、シニアの力を【モザイク型就労】で次世代の日本の戦力にする、というwinwinなお話です。

時短ワークをつなぎ合わせる時間モザイク、足腰が弱くなってもテレワークで働く空間モザイク・そして様々な経験値を持ち寄るスキルモザイク


はたらくことは生きること。

すでにシニア世代に突入している高齢者の皆さんが、ITリテラシーを今から育てるのは至難の技。。。 私は、40・50・60代の自分の同世代が、いかに細く長く楽しんで働けるか、に注力したいと考えます。

第4章に登場する「ジョブコーディネーター」の役割について、考えていこう。