働くことは生きること! 【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

ナナメ読み:誰が日本の労働力を支えるのか? by 野村総合研究所

nri 野村 誰が日本の労働力を支えるのか? 東洋経済新聞社

【誰が日本の労働力を支えるのか?】

著者: 野村総合研究所
出版社: 東洋経済新報社
発行日: 2017/4/7
  • 労働力激減時代の衝撃
  • 外国人労働者は日本を救えるのか?
  • テクノロジーは日本を救えるのか?
  • デジタル労働力との共生
  • 近未来シミュレーション、2030年の日本
  • 新しい時代の到来と私たちの選択

本書のテーマは「2030年の日本を考えること」であり、その先の見通しは提示されない。2030年といえばたった10年後のこと。その意味では少々物足りない。

また、「シニアや女性がもっと自由に働く環境が用意されたとしても、それでは日本全体の労働力をまかないきれない」という試算のもと、1)外国人労働力と2)デジタル労働力だけを柱に構成されている。


この書籍から読み取れるのは、我々大人が働き続けるためには、上記の2つの労働力と協働できる労働力であり続ける必要があるだろう、ということ。

つまり、、、 ともすれば中高年が避けがちな、1)語学・コミュニケーション力と、2)ITリテラシーがキーワードになってくる。だろうと。

自動翻訳機が市場に出回り始めたことだし、語学の心配はなくなるかもしれないけれど、異文化を理解して健全なコミュニケーションを取らなければ、お互いにとって快適な職場環境は作れない。

ITリテラシーについては言わずもがな。ぜひスマホやパソコンと仲良くして、時代においていかれないようにいたしましょう。