働くことは生きること! 【大人のハタラク】応援サイト、ハタラク.com。

ナナメ読み:女性に伝えたい 未来が変わる働き方ー新しい生き方のヒントが見つかる、二極化時代の新提言 by 野村 浩子。

整理されたデータと個別ケースが紹介された、読みごたえのある一冊。働く女性が、自分の立ち位置を俯瞰するのに役立つはず。

女性に伝えたい 未来が変わる働き方ー新しい生き方のヒントが見つかる、二極化時代の新提言  野村 浩子

女性に伝えたい 未来が変わる働き方 – 新しい生き方のヒントが見つかる、二極化時代の新提言

著者: 野村 浩子
出版社: KADOKAWA
発行日: 2016/02/02
  • 仕事と子育て両立編
    • 残業できる人、できない人
    • 家事・育児を手放せない人、任せられる人
  • ライフコース編
    • 専業主婦か、キャリア女性か
    • 扶養枠を超える人、超えない人
    • 子どものいる人、いない人
  • 働く女性の30年 A面・正社員
    • 総合職か、一般職か
    • 男女雇用機会均等法の産みの親、赤松良子さんに聞く
  • 働く女性の30年 B面・非正規女子
    • 非正規で働く女性
    • シングルマザー
  • キャリア編
    • 管理職になりたい人、なりたくない人
    • 女性起業家
  • これからの働き方、生き方を探る
    二極化の時代に、どう働くか
    • 年収300万円、世帯年収600万円の幸せ
    • 地方でスローライフ、スローキャリア
    • 専門性を生かして週4日働く
    • 変わる会社員1 多様な働き方を選択する自由と責任
    • 変わる会社員2 副業やプロボノで、会社の垣根を超えて働く
    • 変わる会社員3 「シェア」が広げる可能性

働きにくさ、生きづらさを変えるためのヒント。

男女雇用機会均等法の施行から30年が経ち、女性たちの労働環境はどう変わったか。多様化する時代の中で、自分らしく働くためにはどうすればよいか。豊富な事例から、新しい時代の「働き方」「生き方」を探る。


今もまだ、女性は「女性あること」で、様々な障壁にぶつかることが避けられません。

元日経WOMAN編集長である著者は、

ここ30年を中心とした働く女性の変遷、そして働く未来図という垂直軸と、日本全体そして時には海外という水平軸の視点を持って、いま自分がどんな立ち位置にいるのか、なぜ壁にぶつかっているかを考えるための手がかりを届けたい。

として、働く女性の30年の歴史、法や制度の移り変わりを整理、また取材に基づく具体的なケースを各章で紹介しています。

女性の【ハタラク】にはまだまだ様々な課題があり、それについての簡単で万能な解決策が提示されるわけではありません。

まずは自分の立ち位置を確認して、ささやかでも今の自分にできることから始めましょう、職場でも家庭でも「対話」をとおして働きやすさを獲得していきましょうと、そんな励ましと提案が詰まっています。

楽しく頑張っていきましょう!